×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒステリックミニとヒステリックグラマー

ヒステリックミニは、ヒステリックグラマーのキッズブランドとして作られました。ヒステリックミニの親ブランドであるヒステリックグラマーの設立は1984年で、北村信彦がデザイナーをしています。ヒステリックグラマーの特徴は、アメリカの1960〜1970年代のストリートカルチャーをコンセプトにしたアグレッシブさです。キッズファッションであるヒステリックミニのデザインについても同様の路線ですが、アート色が強いブランドイメージに仕立て上げられています。スマップの木村拓哉はヒステリックグラマーの愛好家としてよく知られていますが、キムタクが子供に着せているブランドとして、ヒステリックミニは有名になりました。

ヒステリックミニのデザインの特徴

ヒステリックミニのデザインはエキセントリックで、ポップアートに代表されるアメリカの現代アートの臭いを感じさせ、既成の子供服とは異なるテイストを持っています。キャラクターデザインのアイテムが多いですが、ディズニーのキャラクターモノとはまったく異なり、アメリカのコミックをモチーフにしたデザインが多く、サブカルチャーとしてのダークでエキサイティングな雰囲気をもっており、ありきたりのキッズファッションとは一線を画しています。60年代や70年代のサイケなドラッグカルチャーを彷彿させる過激さが潜んでいて、子供服とは思えぬちょっとした凄みさえ感じさせます。ヒステリックグラマーは毎年テーマを替えますが、ヒステリックミニも年々変化し、進化していっています。

ヒステリックミニは高品質な子供服

20年のアニバーサリーに招待されるアーティストを見る限り、今までにないテイストを、ヒステリックミニは漂わせ、熱狂的なファンがいることも納得です。デザインこそ突飛ですが、ヒストリックミニの素材や縫製は、子供服という安っぽさを感じさせることはなく、大人のアイテムと同品質な高品位なアイテムになっています。ヒステリックミニのデザイナーは、コンセプトを考える限り、アメリカのサブカルチャーにどっぷりと浸かった人にしか思えません。その考えを裏付けるように、最新のヒステリックミニはアンディ・ウォーホールの作品とコラボレーションしました。

Copyright © 2007 ヒステリックミニなら個性的ファッションが演出できる